聖帝軍団員証を入手せよ!! PDFダウンロード

サウザー役 銀河万丈さんインタビュー

--30年前にサウザーの声を担当したときはどんな気持ちだったんですか。

そうですね。当時の僕は割合、むくつけき漢の役柄が多かったんですけど、こういう金髪で瞳がブルーだったかな…とにかくそういったタイプのキャラクターはそれまでやったことがなかったんですね。たしか金髪に(声を)アテるのは初めてだったと思います。僕の中では珍しいキャラクターだったので、そういった緊張感はありましたね。だからどう作るってわけでもないんですが、なんか新しいことに挑戦している感じはありました。はい。

--そういう初めてのキャラクターの場合、自分の中で『こういう風にしよう』って作りあげていくんですか。

いや、サウザーの場合、圧倒的に描かれているキャラクターが強いですから。そちらの方に自分の中のモノを引っ張りだして、近づけていく感じですね。

--やっていておもしろいキャラクターでしたか。

とってもおもしろかったんですけど、30年前のサウザーさんは僕の中では2枚目というか美形というか、そういう系統の認識なんですね。あまりなかったキャラクターなので少しのプレッシャーと同時に新鮮さも感じてましたね。

--サウザーのようなテンションのキャラクターだと、他のキャラクターよりもエネルギーを使うんですか。。

特にサウザーだけがってことはないですね。ある部分はデフォルメもありますし。--その当時は30年後にまた演じることになるとは。想像もつきませんでした(笑)。

--今回のように再評価というか、改めてその役柄が注目されるのはどんな気分なんですか。

不思議な感じがしました。他の方がやられてるキャラクターでもパロディ化されてるのもはあると思うですけど、やっぱり主役クラスが多いですよね。サウザーさんがそこに登場してくるのは意表をつかれたというか(笑)。

--新たにサウザーを演じるにあたってイチゴ味を読まれましたか。

ええ。ミスマッチを生かした何とも言えないおもしろさですよね。そのちょっとシュールな部分をうまく伝えられるといいなとは思いました。

原作者原先生とお会いして

--そういえば今日は原先生にお会いしたそうですけど、どうでしたか。

いや~緊張しました(笑)。特にアテレコが始まる前でしたから。

--あんまり原作者さんというのはいらっしゃられないんですか。

よくお見えになる方もいらっしゃいますが、原先生はそんなにお見えになる方じゃないでしょうか。前のときも現場でお会いすることはなかったですし。

 

編集部 当時はマンガ描くのでめちゃくちゃ忙しかったでしょうから。

--今日はいちご味の原作者の さんも見学にこられてたんですが収録をご覧になってどうでしたか、。

ダメです、もう1回取り直しますって言われたらどうしましょう(笑)。

 

河田先生 最高でした。個人的な趣味とかでなく、サウザーさんて当時の今30代、40代のファンが思っていたことだと思うんです。それが上手く再現されてたというか。

--ちなみにサウザーを主人公にした理由は何だったんですか。

河田先生 僕が好きだったからです(笑)。

30年ぶりに演じるサウザーについて

--30年ぶりにやることになったサウザーはちょっと性格が違うじゃないですか。

はいはい、ウフフフフ(笑)。

--新しいサウザーをやることになって、ここは変えてみようとか考えたんですか。

変えるというか変わらざるをえないというか(笑)。まあ、もっと言いますと現実に30年の重さがそこにありますから。わたしは歳をとりましたけどサウザーさんは一緒に歳をとってくれませんからね。そこをどうするかというプレッシャーはありますよね。

--銀河さんご自身の声が30年前とまったく同じではないと。

そうですね。あの頃は僕は実年齢より上の役をやることが多かったんですけど、サウザーは珍しく若めで、若さのツヤを出したいっていう意識が自分の中ではあったんですね。でも、だんだんというか、仕方なくというか、無理をしないでオジサン声になっていくものですから。(当時と)同じにはなりませんよね(笑)。

--前回と今回では演じ方にも違いは出てるんですか。

う~ん…30年前はストーリーがきっちりあって、それにそってサウザーという特化したキャラが存在していたので、全身どっぷりサウザーを演じてました。でも、今回は特化したキャラクターだけではなく、サウザーさんからいろんな人間性、自分に近いものも見出せるものですから、サウザーさんに自分が馴染んできちゃってるといいますか、少し(自分の)地になったりすることもありますよね。

--30年前のサウザーの魅力はどこにありましたか。

暴君的な要素を全面に押し出してるので、優しさが表に出てくるキャラじゃないですけど、師匠との関係性とか内面の傷つき方とか、ある深さを感じさせるものがあったと思います。

--それが30年たつとまた別の意味で人間味があふれて。

フッフフフフフフ。そうですね。人間が持ってる中のある種のバカバカしさ。それがいちご味の中では可愛らしさになって、それが隠しても隠しても出てくる形に描かれてますよね。ただ、おもしろいだけでなく、その中にあるちょっとした悲しみ。それが隠し味になってると思います。

--サウザーさんのセリフの中で印象に残っているものはありますか

やっぱり退かぬ、媚びぬ、省みぬでしょうね。退かぬ、媚びぬまでは言えるキャラもいると思いますけど、省みぬが効いてますよね(笑)。

--銀河さん、ご自身がサウザーに似てるなって感じる部分はありますか。

いやいやいや(苦笑)。それはないですね~。

--まあ、あったら大変な人生を送ることになりますもんね。最後にアニメを見てる方にメッセージをお願いします。

銀河 愛されキャラになって帰ってきたサウザーさんを楽しみながら可愛がっていただきたいですね。あとは独特の世界観。ターバンの少年なんてミステリアスじゃないですか。そういうところも楽しんでいただければと思います。

--じゃあ、サウザーさんでも一言、いただけませんか。

え~と、何だろう。ちょっと待ってくださいね……愛ゆえに……イチゴ味を見なければならぬ!

--すみません、無理やり言わせてしまいました。本日はありがとうございました。